Consul Gate

ファームとコンサル転職希望者を繋ぐ育成プログラム

コンサルティングファーム経験者インタビューvol.2

新卒で中小企業向けコンサルティングファームに入社後、同期との差をつけて多様な仕事に抜擢されていたMさん(20代女性)に、入社後に苦労したことや、現在のキャリアにおいても活かされているビジネススキルなどについてお話を伺いました。

 

-現在までのキャリアをお聞かせください。

新卒で中堅中小企業向けコンサルティングファームに入社して、社長や役員の方々から人事、総務、部長ぐらいの方々に課題解決の提案をすることから入り、研修、業務改善のコンサル、行動指針の作成、教育計画の策定などに従事していました。現在では、他社にて新規事業開発を担っています。

 

 

-コンサルティングファームに入社を志望した動機は何でしょうか?

無形の商材を扱っている会社に行きたかったのと、生き生きと仕事に従事している人を増やしたいという想いがあったので希望しました。なかでも、中堅中小企業は経営者によって社風が色濃く変わるので、多くの人たちが働きやすい環境をつくるために中堅中小企業の経営者にアプローチができるファームを選びました。なおかつ、経営者向けに提案をしていかなければならない仕事なので、圧倒的に力量がつくと思ったからですね。

 

 

-ファームへの入社に向けてどのような対策・事前の準備をしていましたか?

大学の時には4年間がっつり部活をやっていて、特に対策はしていませんでしたね。中堅中小企業向けのコンサルティングファームだったので、大手コンサル特有の面接対策やグループディスカッションの準備は必要ありませんでした。

 

ファームでのファーストプロジェクトで苦労したことなどを教えてください。

苦労したという自覚はありませんが、クライアントやその業界の膨大な知識をインプットしなければならなかったことはありましたね。

 

-ファームで身につく(大切な)キースキルとしてどのようなものが考えられますか?

クライアントが抱えている本質的な課題を発見する力がつきますね。あとは、ロジカルシンキング。相手の話を理解するときに論理構造を理解して整理しなくてはいけないし、話し手としても筋道の通った説明が出来なければ納得してもらえないので。

そういったことを踏まえた結果、クライアントに信頼してもらえる人間関係構築力が身についていきます。

 

 

-ファームでの経験がその後のキャリアにどのように役立っていますか?

現在、業界の垣根を超えたお客さんと仕事をする機会があるので、色んなクライアントの業界構造や課題を学んだ経験は、今でも信頼関係の構築をしていくうえで非常に役立っていますね。

 

活躍するコンサルタントとそうでないコンサルタントの違いを教えてください。

クライアントとの関係構築力でしょうか。やっぱり、相手の要望を引き出す力や事前知識の量や豊富な経験があると頼りたいと思ってもらえますよね。

 

 

 

転職について迷っている方にとって貴重なお話でした。

ありがとうございました。

 

 

 

 

RECENT ARTICLES